辻調グループ
学校案内モバイルサイト

今週のレシピ

豚角煮

<辻調グループ校 料理レシピ>
豚角煮


豚角煮

豚角煮は、とろりと柔らかく煮た肉と、こくのある煮汁がからまり、なんともいえない美味しさが魅力です。豚バラ肉は、下ゆでをして柔らかくしておくことが大切です。おからと一緒にゆでることで脂を吸着するので、余分な脂が抜け、旨味だけが残ります。
材料 (4人分)

豚バラ肉 500g
トマト 2個
ししとう 8本
煮汁
・だし汁 900ml
・酒 100ml
・砂糖 大さじ6
・みりん 60ml
・濃口しょうゆ 80ml
・たまりしょうゆ 30ml
練りがらし 適量
土しょうが 20g
おから 100g
作り方

【豚バラ肉の下準備をする】
1.豚バラ肉は、空のまま熱したフライパンに皮目を下にして入れて焼き、きれいな焼き色をつける。途中、肉から出てきた余分な脂を捨てる。
豚バラ肉から脂が出るので、フライパンに油を入れなくていいです。また、煮る前に肉の表面を固めることで煮崩れを防ぎます。
2.きれいな焼き色がつけば、食べやすい大きさに切る。
ゆでると小さくなるので、仕上げたい大きさより少し大きめに切ります。
3.鍋にたっぷりの水、2、土しょうが、おからを入れ、おとし蓋して強火にかける。沸騰したら表面がコトコトとゆるやかに躍るくらいの火加減にし、3~4時間豚バラ肉が柔らかくなるまでゆでる。
土しょうがとおからを加えてゆでると、においが抜けます。また、肉から溶け出した脂をおからが吸着するので、さっぱりと仕上がります。
4.豚バラ肉の肉の部分に竹串をさして、固さを確認する。
力を入れずに竹串がすっと通ればいいです。
5.おとし蓋の上から流水を静かに注ぎ入れてさらし、おからを洗い流す。
6.再びたっぷりの水と5を鍋に入れて落とし蓋をし、約20分ゆでる。流水でさらし、おからのにおいを除く。水気をきる。
【トマトの湯むきをする】
7.トマトのへたを取る。
8.へたを下にして、浅く切り込みを入れる。
後で皮がむきやすくなります。
9.熱湯にさっとくぐらせる。
皮がめくれてくればいいです。
10.すぐに氷水につけ、皮をむく。水分をふき取る。
11.くし形に切る。
【仕上げる】
12.鍋に煮汁を合わせ、6を入れ、紙蓋をして30分煮る。いったん火からおろしてそのまま冷ます。
13.冷めたら再び火にかけ、煮汁が1/3程度になるまで、ゆっくりと煮込む。11を半分量加えて2分煮る。
トマトは2回に分けて煮ます。煮汁にトマトの風味が出ておいしくなります。
14.ししとうを加えて火を通す。
15.最後に残りのトマトを加えてさっと煮る。
16.器に盛りつけ、練りがらしを添える。出来上がり。

※詳しくはパソコンから辻調おいしいネットホームページへ。
→http://www.tsujicho.com/oishii/recipe/index.html

次へ


ページのトップへ戻る
トップページ


ホーム >
今週のレシピ >
豚角煮


資料請求
お友達に紹介


辻調グループ
Copyright(c) TSUJI Group.
All Rights Reserved