辻調グループ
学校案内モバイルサイト

What's New

12/05/01
建学の精神


建学の精神
Docendo Discimus



《Docendo Discimus》(ドケンド・ディスキムス)は、「私たちは教えることによって学ぶ」を意味するラテン語格言。
古代ローマの哲学者セネカの著書『倫理書簡集』に収められた友人宛の手紙の一節に由来すると言われています。

《Docendo Discimus》は、辻調グループ創設者・辻静雄が、辻調理師学校(現在の辻調理師専門学校の前身)を
1960年大阪あべのに開校以来、その思想と活動を体現する教育信条として、
現在まで教職員に脈々と受け継がれている建学の精神です。

《Docendo Discimus》の精神について、辻静雄は、
「学校とは、教職員が持てる限りの知識と技能を授業において学生に出し尽くし、教職員自ら新たに学び続けるところ。
学生が勉強するのは私たち教職員が絶えず勉強しているからだ。
元々料理や製菓に究極はない。
これらを仕事にする者は一生が勉強なのだ」
と繰り返し熱く語りました。

《Docendo Discimus》は、私たち教職員の矜持※1と戒めの言葉であり、その精神を引き継ぐ卒業生たちが、
実際に調理や製菓の仕事に就いても自ら学び続け、後進の育成とともに業界の発展を牽引※2して欲しい、
という願いを込めた言葉でもあります。

※1矜持(きょうじ)…自負・プライド ※2牽引(けんいん)…ひっぱること


ページのトップへ戻る
トップページ


ホーム >
建学の精神


資料請求
お友達に紹介


辻調グループ
Copyright(c) TSUJI Group.
All Rights Reserved